スポンサーリンク

山を制する者は靴下から!登山用靴下の重要性と選び方、お薦め

登山ウェア
記事内に広告が含まれています。

靴下は、些細なアイテムに思えるかも知れませんが、実は登山の成功を左右するほどの重要な

要素をもったアイテムなんです。

その理由は、登山が専用の靴を履いて整備されていない道を、長時間歩くスポーツだからです。

普段履きの靴下と違って、登山用の靴下は足の快適さ・保護・登山中の疲労を軽減するように生地

から縫製の仕方まで考えて作られています。

今回は、そんな登山用靴下の重要性と選び方について詳しく解説し、お薦めの靴下もご紹介します

 

登山用靴下の重要性

 登山は、自分で荷物を背負って、長い距離を長い時間歩くスポーツです。

 1番負担が多い足に履く靴下は、登山靴と同じレベルで足元の健康と快適さに直結する不可欠な

 アイテムです

足を保護する

 登山靴は普通の靴と違って、険しい所を歩くことを想定して作られているので、靴底が硬く

 なっています。

 だから歩く時の衝撃が足裏に伝わりやすく、長時間歩くと足裏が痛くなってしまうことも

 あります。

 そのために登山専用の靴下は、クッション性に優れていて、足の裏にかかる衝撃を緩和

 長時間歩いても疲れ難かったり、足を痛めないための工夫がされているのです。

 適切なクッション性はもちろんですが、足首・足裏などにサポート効果が備わっているもの 

 もあり履き比べて見ると、快適さが全く違う事を理解することが出来ます。

足先を保護する

 夏でも高山では気温が低いです。(標高が1000m上がると気温は6.5℃下がる)

 また運動する事で、血液は筋肉にドンドン運ばれて行き、足先や手の指先は血流が悪くなり

 冷え性で無くても冷えてきます。

 そして血流が悪くなった場所は、その機能が上手く働かなくなってしまいます。

 歩く時は、足の指がしっかり地面を捉えて後ろへ押し出す事で前に進めますが、指が冷えて

 動きが悪くなると、正しい歩き方が出来なくなり、疲れたり痛めたりしてしまうのです。

 その足先を守るために、しっかりした保温性が必要なのです。

汗を処理する

 登山は運動強度が高いスポーツなので、息が白く見えるような冬でも、かなり汗をかきます。

 運動強度については『筋トレと食事』のところでご紹介しているので、見て頂けると良いと

 思いまが、身体だけでは無く足にも汗をかきますね。

 スッポリ足を覆っている登山靴の中でが足蒸れると、皮膚がふやけて柔らかくなり靴擦れやマ

 メが出来る原因になってしまいます。

 だから、クッション性はもちろんですが、吸湿性の高さも重要になるのです。

 登山靴は吸湿性・透湿性に優れていますが、靴下が吸湿し放湿しなければその湿気を靴から放

 湿することが出来ず、蒸れてしまうという訳なんです。

 靴擦れやマメが出来ない為に、足は乾いていることが大事なので吸汗速乾性能は重要なのです

登山靴と足をフィットさせる

 登山靴はタウンで履く靴と違って、踵側に指1本入るサイズを選ぶ必要があります。

 それは、長時間歩く事や気圧の変化で足がむくむからです。

 さらには、登山用靴下は厚手の物が多いから普段履くサイズと全く同じ物では、足が入らない

 ということが起こるので、0.5cmほど大きめの靴を選びます。

 この隙間を埋めるのが靴下で、足と靴の間に入って靴を足にフィットさせる役目もあります。

 大きめの靴が良いと言っても、あまりゆとりがあり過ぎると靴紐でギュッと絞めても登りや

 下りで足が前後に動いて、靴ずれやマメが出来てしまうので、靴が大きめの時は厚手の靴下を

 選んだり、登山靴のところでご紹介したようなハーフインソールを使うと良いでしょう。

 足のサイズを正確に測ってもらうと、左右で違う人が多いそうです。

 私の場合は、1cmもの差がありました。

 でも靴のサイズは左右同じ物しか買えないので、ハーフインソールで調節すると言う訳です。

 

靴下の機能

 登山用靴下には様々な種類があって、それぞれ機能に違いがあります。

 なので、例えば・・・という感じで下の画像を見て頂ければと思います。

 表面を見ただけでは判らないけど、登山専用靴下と言う物は、こういった機能が備わった

 高機能靴下なのです。

 

登山用靴下の選び方

 登山用靴下を選ぶ時のポイントは、素材と厚さです。

 綿素材は、肌に優しいくて汗を良く吸収するので好きな人が多いと思いますが、吸った汗を発散

 する放湿性能は良く無いので、登山用のウェアや靴下において綿100%素材はNGと言われてい

 るのですが、今は高機能な綿混紡素材が出ているので、綿の混紡率が低い物や混紡素材の性質が

 発揮されている物ならOKです

靴下に適した素材

メリノウール

  吸湿性と放湿性に優れているので、登山用靴下に良く使われています。

  また、抗菌・防臭効果もあるので、汗臭くなり難いというメリットもあります。

  ただウール素材のデメリットは、化繊素材と比べると乾きが悪くて肌触りが優しいと言われて

  いるメリノウールでも、人によってはチクチク感じたり化繊素材よりは、肌触りが悪いという

  デメリットもあります。

化繊素材

  靴下に限らず、登山ウェに良く使われている素材です。

  速乾性がウールより高く、価格はウールより安いので人気がありますが、保温性を比べると

  ウールには劣るというデメリットもあります。

ハイブリッドウール

 それじゃ、どっちが良いの? って思いますよね。(^^)

 その問題を解決するのが、ウールと化繊の良いとこ取りをした混紡素材でハイブリットウール

 と言いますが、最近はウェア全体に多く取り入れられているので、ウェアを見る時にはタグも

 確認して見てください。

靴下の厚さ

 厚さには、薄手  中厚手  厚手  極厚手  の4種類があります。

 登山スタイルや季節に合わせて選ぶことが大切ですが、上にも書いたようにクッション性や

 保温性が必要なので、1年を通して中厚手または厚手の出番が多いと思います。

 薄手の靴下は、里山で1~2時間の登山やハイキングには良いと思いますが、それ以上の長い

 時間や標高が高い山には向いて無いと思います。

 また登山靴とのフィット感を考える事も大事なので、足が靴の中で動き過ぎない、靴下が厚すぎ

 て窮屈に感じる、など無いものを選びましょう。

 寒い冬は厚手の靴下が良いと思いますが、雪の無い山では極厚手で無くても良いと思います。

 極厚手の靴下を履くほど寒い山へ行く時は、靴も靴下に合わせて大きめの物を買う必要があると

 思います。

 極寒の中で、足が圧迫されて血流が悪くなってしまったら、凍傷の危険があるからです

靴下の長さ

 アンクル丈・・・くるぶしまでのもの(スニーカーソックスやアンクレットソックス)

 ショート丈・・・足首までのもの

 クルー丈・・・ふくらはぎの真ん中辺りまでのもの

 ハイソックス・・・膝下までのもの

これら4種類がありますが、登山靴を履く場合はクルー丈かハイソックスが良いと思います。

その理由は、登山靴の履き口と肌が擦れるのを防ぐためです。

またサポートタイプの物でしたら、足首から上側までも、着圧効果が有り怪我や疲れの軽減にな

るからです。

アンクル丈やショート丈は、登山口までのアプローチシューズを履く時に使うのが良いと思います

アプローチシューズとは、バスや電車を降りてから登山口までが遠い時に履く軽い靴やサンダルタ

イプのものを言います。

アウトソールが硬い登山靴で舗装道路を歩くのは、けっこう辛いものなので、履き替えても邪魔に

ならないような軽くてコンパクトな靴やサンダルを、登山口までの車道歩きで使って登山口に着い

てから登山靴に履き替えるという方法をとる人が多いです。

この時は、自分の靴に合っていれば良いだけなので、長さは好みで選んで良いと思います。

ハイソックスは、膝下まであるので暖かいですし、着圧効果が備わっているものもあって足の疲

れに効果的で、可愛い柄物など女性向けのものが多く、登山もファッショナブルにと考える人が

履いているようです。

 

おすすめの登山用靴下

 中厚手のもの、厚手のもの、サポート機能があるもの、メリノウール素材のもの、ハイブリット

 などをご紹介します。

 

中厚手            

VAXPOY(バックスポット)

 クールマックスという高性能繊維を使ったもので、湿気を素早く放出し足を常にドライに保つ

 ことが出来ます。

 またこの時の気化熱を利用して、足の暑さをコントロールします。

 足全体にサポートやプロテクトがついているので、靴ずれしにくい高機能な靴下です。

 サイズはメンズで、23~25cm  25~27cm 

キャラバン(Caravan)

 キャラバンの2023年秋冬ものです。

 サポート力と耐摩耗性は若干落ちるものの、吸汗性と保温性に優れています。

 上のバナーはワイン色ですが、その他にもフォレスト や デニム カラーもあります

 サイズは、S=22~24cm M=24~26cm L=26~28cm

 素材は、メリノウール60% アクリル17% ポリエステル10% ナイロン8% 

     ポリウレタン5% 

 

厚手

VAXPOY(バックスポット)

 この記事の上のほうで、機能紹介に使った画像のものです。

 サポート性能が優れていて、内側のパイルはふかふかでとても気持ち良いです。

 私も持っていて、雪がある所へ行く時に履いていますが、とても暖かいですよ。

 厚手だけど、極厚手では無いので普段履いている登山靴が履けます。

 メリノウール100%ですが、汗かきの私でも乾きが悪いと感じたことはありません。

 すごい汗かきさんには、どうかわかりませんが^^;

 サイズはメンズで、23~25cm 25~27cm 

 素材は、メリノウールです。

カタディン・ハイカー・ソックス

 サポート機能に関しての特記はありませんが、足裏部分はクッション性を持たせています。

 つま先や踵部分の縫い目が無いので、ゴロつきが気になる方には特におすすめです。

 また1年間の保証が付いていて、通常使用で穴が開いたなどの場合には返品が出来ますよ

 さらに、オリジナルのラッピングバックに入れてくれるので、プレゼントにも向いていますね

 サイズは、メンズ S=22~23cm M=24~26cm L=26.5cm~28.5cm

          XL=29~31cm

    ウィメンズ S=22~24cm M=24~26cm L=26.5~28.5cm

 素材は、メリノウール57% ナイロン41% ポリウレタン2%

 

ハイソックス

R-BAO

 吸湿性・放湿性に優れていて、つま先から踵までが厚地のパイルなので衝撃吸収に優れています

 アーチサポート機能で、足裏の疲れを軽減します。

 素材は、コットン86.1% ナイロン12.2% ナイロン1.7%

 サイズは、M=22.5~24.0cm L=24.5~26.5cm

エクサニスタ

 スポーツ機能もお洒落も妥協したくないと言う声から生まれた日本のブランドです。

 足首から上は強めの段階着圧設計で、安定した着用感と引き締め効果があり、疲労回復効果が

 期待できます。

 足首ホールドがしっかり支えているので、凸凹道から足首を守り怪我を予防します。

 素材は、綿とポリエステルを混紡したエスコットを使用していて、綿の肌触りと吸汗性・ポリエ

 ステルの速乾性を併せ持っているハイブリット型です。

 サイズは、23~25cm の一択です。

 素材の%は書かれて無いので判りませんが、ナイロン・ポリエステル・綿・ポリウレタンです。

 数量限定生産を行っているようなので、気になったら即ポチをおすすめします。

 

まとめ

 登山には、登山用に特化した機能性の高い靴下を履くのが良いということを、お判り頂けたで

 しょうか?

 アウトドアショップで購入すると、まあまあ良いお値段がする靴下ですが、こういう機能性の

 高いものだし、登山を安全に楽しく行う為に考えられているので、仕方のない価格とも言えます

 でもアウトドアショップのもので無くても、機能がしっかりしていたら問題はありませんよ。

 最初は、自分にどんなものが良いのか判らないと思うので、手頃な価格の物を色々と試してみて

 自分の足や自分の登山靴・登山スタイルに合ったものを、見つけていけば良いと思います。

 私も登山を始めた頃は、色々な種類やメーカーの物を購入して履いてみました。

 イマイチって思った物は普段履きにして、良いと思った物をリピ買いして履いています。

 登山は、『激しいスポーツである』という事を常に頭において、身に着ける物から持ち物や

 食べ物まで全てを厳選して、安全に楽しめるようにしましょう!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました