スポンサーリンク

登山で帽子は必需品!1年を通して必要な帽子をご紹介します。

ショップ
記事内に広告が含まれています。

登山で帽子は必需品です。

日差しが暑いから被る。  寒いから被る。

それだけじゃ無いんです、帽子の役目は。

登山に帽子は必需品』という記事で解説しているので、見て頂きたいと思います。

ここでは、ハット・キャップ・毛糸の物など、色々な帽子をご紹介します。

それぞれの画像をクリックすると、ショップに入れるので詳しく見て頂けたらと思います。

 

 

 

ノース・フェイス ホライズンハット

              ¥5.720

ノース・フェイスは、登山だけでは無く普段にも人気のブランドですね。

それだけ多くの人が使っているのには、それだけの良さがあるからでしょう。

ホライズンハットは、撥水加工が施されています。

防水では無いので、強く降る雨の中では無理ですけどね。

そしておでこに当たるベラ部分は、肌触りが良くて吸水性の良いパイル地になってます。

頭部を1周するベンチレーションも付いていて、蒸れ対策もバッチリです。

 

NORTHTEC CLOTH ECCナイロン100%
メッシュ部ポリエステル100%
素材
SMLXL
54~5656~5858~6060~62
サイズ

 

 

 

コロンビア バケットハット

                                                      \5.445

このバケットハットも、撥水性があるので霧雨などでは問題がありません。

伸縮性に優れている4wayストレッチ素材なので、フィット感の良さが特徴です。

オムニシェード素材で、UPF50という高い数値で紫外線から守ってくれます。

洗濯機で洗えるのも嬉しい特徴ですね。

 

素材ポリエステル100%
  素材
頭囲横幅前後ツバ幅
58㎝フリー30cm35cm7cm
サイズ

 

 

 

サファリハット ユニセックス

                  ¥1.580

フェイスカバー、首ガードが付いて、広めのツバと紫外線対策がしっかり出来るハットです。

カバーは、どちらも取り外しが出来ます。

また暑くなると高山では、小さな虫が大量発生するので、虫対策にもなって良いですね。

撥水加工・後頭部のドローでサイズ調節、頭部はメッシュ生地、ベラもメッシュ生地など

暑さ対策もしっかり出来るハットです。

 

サイズフリー56~62cm
頭囲サイズ
素材ナイロン
素材
ツバ幅フェイスカバー
   横
フェイスカバー
  縦
首ガード
 横
首ガード
 縦
40cm10cm30cm27cm47cm24cm
   サイズ

 

 

 

THE NORTH FACE HIKERS CAP

                                             ¥5.742

こちらも人気のノースフェイスのユニセックスです。

容量の大きなザックを背負う人や雨蓋が付いているザックの人などは、ハットだと後ろのツバが

ザックに干渉してストレスになることもあります。

そんな時は、キャップを選ぶと良いですね。

素材には、ストレッチナイロンのリップトップを採用しているので、適度なハリ感とフィット感で

被り心地が良くなっています。

サイズは、ユニセックスのフリーになっています。

 

素材ナイロンポリウレタン
86%14%
素材

 

 

 

Wenergy  耳当て付き

                                                  ¥2.600

秋から春先まで活躍する、耳当て付きの防寒キャップです。

耳当ては、中に収納したり外に折り返したり出来ます。

防風・防撥水加工がされているので、少し位の雨なら対応出来ます。

また裏側は、薄いフリース生地になっているので、温かい被り心地になっています。

自宅で洗濯出来るのも、清潔に保てて良いですね。

サイズは、58cm~62cmのユニセックスフリーですが、後頭部のベルトで調節出来ます。

素材は、ポリエステル100%です。

 

ツバ深さ耳当て
7cm15cm7cm
サイズ

 

 

 

nakota Flight cap

                  ¥5.280

冬の登山は、とにかく耳が冷たく痛くなります。

しっかり暖かい耳当て付きが、おすすめです。

耳当ては暖かいボアですが、裏地は薄いフリースなので、暑すぎず汗を吸い取ってくれます。

また耳当てにバックルが付いているので、不要な時は頭頂部で留めておけます。

さらに風が強い時は、あご下で留めれば耳当てがペラペラすることがありません。

そしてツバにはワイヤーが入っているので、好みの形に整えることが出来ます。

後頭部にドローコードが付いているので、ピッタリサイズに調節出来ます。

 

サイズ頭囲ツバ長高さ耳当て
ボア部分
M56~58cm4cm10cm15cm
L58~60cm4.5cm11cm15cm
素材ボディツバ裏ボア部分
ナイロン60%ポリエステル1100%ポリエステル100%
綿40%
    サイズ・素材

 

 

 

ニット帽 ユニセックス

                ¥1.990

冬はやっぱりニット帽! そんな方も多いですね。

引っ張れば耳まで隠れるし、窮屈過ぎない被り心地と暖かさが魅力的です。

シンプルなリブ編みなので、色を揃えてウェアに合わせたり楽しみ方が広がります。

素材:アクリル100%

サイズ:約56~59cm

 

 

キャスケット ユニセックス

                 \2.970

人気のカラーから売り切れが出ているので、早めの購入をおすすめします。

サイズは、58cm~64cmに対応しているユニセックスのフリーです。

ツバが広めで紫外線対策も出来る、キャスケット。

頭がピッタリ覆われて無いので、秋などニット帽ではちょっと暑いかなぁって時期に

私は被っていますが、程よく空気が通って被り心地が良いです。

素材はアクリル系で、凸凹があるクロス編みがお洒落で気に入っています。

 

 

まとめ

帽子は、季節や気温に合わせて選びましょう。

撥水加工が付いている物もありますが、完全防水では無いので強い雨の時は

レインウェアのフードを被る必要があります。

フードを被る時は、帽子のツバの後ろ側が邪魔になる事もあるので、天気が崩れそうな時は

キャップを選ぶと良いと思います。

冒頭の写真は我が家の帽子ですが、主人も私も他に3枚持ってます。(^0^)

季節・気温・天気・風の強い山・・・などで被り分けていて、麓と上の方では明らかに違う

と言う時は、替えを持って行くほどです。^^

『頭から出る汗は身体から出る汗の1/4を占めている』と言われています。

ウェアと同様に考えると、快適な登山を楽しむことが出来ますよ。^^

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました