スポンサーリンク

ザックは快適な登山のために必要。おすすめザックのページです

ザック
記事内に広告が含まれています。

ザックは、登山で使う物を全て入れて

背負って歩くものなので、背負いやすさ・快適性・使いやすさ

などをしっかりチェックして購入する必要があります。

でも、ザックは1番目立つものなので

機能性+自分好みのファッション性も考慮したいところです。

色々なザックをご紹介するので

じっくり見て、クリックしてショップで更に詳しく見て

自分の体と登山スタイル・好みに合った物を選んでくださいね。

 

MAMMUT Lithium30

ショルダーパットは、超軽量で通気性に優れたEVAパッドを使用。

楽で快適な背負い心地を実現しています。

一体型のレインカバーも付いているので

急な雨でも、サッとザックに被せることが出来るので

私のザックも一体型ですが、この『サッ』が大好きです。^^

ハイドレーションシステム ※ も付いています。

 ※ザックの中に飲み物袋を入れて、チューブを出してそこから吸水するシステム

 

NORDKAMM 30ℓ

3段階に背面長が調整できるので

今まで、「なんかしっくりこないなぁ」と

思われていた方も、自分の背中へのフィット感が良いと思います。

またショルダーベルトも背面も、蒸れない速乾ドライメッシュが

採用されているので、汗をかきやすい背中や方も快適ですね。

ウエストベルトには、スマホも入る大きなポケット付きなので

ショルダーベルトに付属品をつける事無く、スマホの使い勝手が良い

という訳です。

最近では、ヘルメットを被らないと入れない山域もある位に

ヘルメットの着用が推奨されています。

このヘルメットが、スマートで安全に持ち運べる

ヘルメットホルダーも付いています。

ハイドレーションシステムにも対応していますよ。

 

Aconcagua Crrd0ba 35

最近、多くなっている背面が背中に着かないタイプです。

登山は、とても汗をかくので特に密着している背中は

ザックを下すとスースーするほどになります。

このザックのように、背中に密着して無いものは

空気の流れが良いので、背中にベッタリ汗をかく事無く

とても快適に歩き続けられます。

フロントには、ストレッチポケットが付いているので

脱ぎ着したウェアをサッと入れたり出したり出来て

ここにポケットのある物は、ほんと便利なので私は大好きなタイプです。

2気室になっているのも、使い勝手が良いですよ。

レインカバーも内臓しています。

 

TOUSEN 40ℓ

このザックの最大の特徴は

撥水加工では無くて、防水加工を施してある所です。

完全防水では無いので、豪雨などには耐えられませんが

小雨程度ならレインカバーを掛けなくてもOKですね。

もう1つは、ポケットの多さです。

私もポケットに分けて入れておいて、サッと取り出せるのが好きなので

色々とポケットが付いている物を選んでいます。

ザック本体の中を、どこにある?って探すのが嫌いだからです。^^

でも、このザックは大きくファスナーで開くので

そんなイライラさえも無くなると言う嬉しいザックです。

 

NEVO RHINO 20ℓ

超軽量 多機能バックパック と言ってるだけあって

20ℓとは思えないほど、多機能です。^^

容量は小さいので、日帰りでお昼ご飯もパンやおにぎりなど

山頂で作らずに食べるスタイルの方に向いています。

雨蓋が無いタイプなので、ファスナーで大きく開く事が出来て

出し入れにストレスが有りません。

ウエストベルトにポケットが無い分

内部には多くのポケットが付いています。

 

随時入れ替えしていきます

ザックは、登山スタイルによって容量や機能などを選ぶものなので

登山経験を積んでいくと、新しい物が欲しくなります。

また人気のザックは、売り切れてしまうのも早いんです。

なので、売り切れが出たら違う物と入れ替えるなど

皆さん常に、欲しいザックを選べるようにしていきます。

登山装備・登山用品、全般に言えることなのですが

自分が欲しい物を手に入れる為には、良いと思った物は

しっかり調べたら即決する、くらいのスピード感が必要です。

「あれ良かったのになぁ。。。」と後悔しない為にも

良いと思ったら、直ぐに調べてポチしちゃいましょうねぇ。^^

 

 

 

コメント

  1. Kei より:

    Harupyさん、こんにちは。
    そろそろザックを買い換えようと思っていたので、参考になります。
    そうそう、ヘルメット付けられるザックがいいですね。

    先日、平地で転んで右手親指を痛めてしまいました。骨に異常はなかったのですが。
    日頃から足元に注意を払うようにしたいと思います。
    軽い登山でも消毒液、大判絆創膏、包帯、包帯用ハサミ、テーピングテープなど必須だなと、あらためて思いました。

    • harupy より:

      こんにちは。
      お怪我は、その後いかがですか?

      山へ入る時は、常にエマージェンシーキットを持ち歩くことをおすすめします。

      ヘルメット、以前はフックで引っ掛けたりベルトを通るだけだったけど
      今はしっかり留めらか背中で動いて嫌な感じ!と言うのが無くて良いですよね。

      少しでも参考になれて、嬉しいです。
      ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました